派遣社員とか若いからとか工場とか


工場で正社員として働いている人は多いはず。
そこには派遣社員のおじさんたちも多いはず。
私も経験ありです。

正社員という立場上、指示を出したり、時には怒ることも必要。
ただ全員が年上であまり強く言うのはこれから仕事をしていく上でやりにくくなるんじゃないかと思っている人もいると思います。

ではどうすればいのか?
人間関係の構築、自分の仕事の質。
これをどう高めていくかです。

強く言う場合、
信頼されていない状態で言っても誰も聞いてくれません。
「若いやつに言われなくてもわかってる」と言われる可能性大です。
強く言えるように自分の仕事の質を上げて、「この人が言ってることはやってやろう」と思われるようにもっていかないといけません。

で、最終的には派遣社員の人が「この人に言われたらうるさいからやっておくか」という方向にもっていければ完璧です。
ここで嫌われ役だけで終わるか、嫌われ役だけどいい人間関係を構築できるいるかで差がうまれます。

なにが必要なのか?
それはコミュニケーションです。
でも、ただ喋っているだけではダメ。
相手の興味のある分野で話ができているかどうかで決まってきます。

正社員として嫌われ役になっていると、派遣社員のミスも減って、自分の仕事がラクになります。

長々と書きましたが、総括すると
1.自分の仕事のレベルを上げる。
2.派遣社員のおじさんとコミュニケーション(相手の興味あること)をとる。
3.コミュニケーションを取りながら口うるさく言い続ける。

これです。



この記事へのコメント